CN-INTERVOICE

海老原 敬志

海老原 敬志アシスタント・ディレクター(東京本社)

1994年生まれ

2017年 CNインターボイス入社
映像・展示(東京)グループに所属

◎私の好きな場所 「あまり人気のないこじんまりとした映画館」

この仕事を選んだ理由は?

就職活動では映像系だけでなく、ほかの職種の会社説明会にも行っていました。いろいろ悩んだあげく、思い起こしてみると大学の映画サークルで自主映画を撮っているときが一番楽しかったので、自分がやっていて楽しいと思うものを仕事にしたいと思い、この職につきました。日々忙しいながらも楽しい毎日です。

あなたが担当した作品についてのエピソードは?

はじめて企画制作から納品まで関わった仕事が一番思い出深いです。 企画制作の際のアイデア出しから、撮影することが決まり、ロケハンに行き、スケジュールを決め、小道具を準備し、撮影し、編集して完成まで、ゼロから何かを生み出すことに関われたことがとても嬉しかったです。
自分が選んだ衣装が、画面に映るんだとおもうと緊張もしましたが、同時によりいいものにしたいという思いをもって仕事ができました。 入社1年目から貴重な経験ができたと思っています。

この仕事をやっていく中で大切にしていることは?

コミュニケーションはこの仕事で大切にしたいです。
映像作品は大勢の人が関わってできるものですが、監督がどういうものをつくりたいかをスタッフと共有していないとスタッフがバラバラのまま撮影が進んでしまいます。
僕はもともと人と話すことが得意ではないのですが、これを機にコミュニケーション能力はつけていきたいです。

この会社の社風、雰囲気など他の会社と違うところは?

全体的に文化系の人が多いイメージです。
アットホームな会社で、みなさん物腰がやわらかいです。

この世界を目指す人へメッセージを!

結局はやってみないとわからないことだらけです。
自分のアンテナにビビッときたものには怖がらずに一度飛びこんでみるのはいかがでしょうか。

他のスタッフインタビューを見る